こんにちは! 私たちは、鯖江インター近くの不動産会社、フジモト不動産です スタッフは、全員女性です  お気軽にお問合せください
twitter_face.jpg

*************************
フジモト不動産では、

不動産情報を毎日更新!毎日発信!を目指しています
*************************
フジモト不動産では、ツイッターでも、情報発信をしています
⇒(http://twitter.com/mottofujimotto)
⇒(http://twitter.com/fujimotosayuri)
フジモト不動産春キャンペーン開催中★4月末日まで
fujimotospring2023.jpg
心地よい生活のおてつだいはおまかせください

フジモト不動産インターネット店長最近のダイアリー

2010年04月05日

「基本に忠実に」

仕事をしつつ、

専門誌や雑誌の切り抜き等をしています。



その中に、

気になることばを見つけました。

(月刊リードより、適宜抜粋です)



今こそ、

基本に忠実にならなければならない時ですが、

スペンサー・ジョンソンは、

「頂はどこにある?」で

次のように述べています。


※スペンサー・ジョンソン
心理学者でペースメーカーの発明に携わった医学者



「山と谷をどのように乗り越えるか、

 私たちの永遠の課題の一つです。

 そして、

 なぜ山にいるときに私たちは傲慢になり、

 谷にいると

 現実以上に悲観してしまうのか。
 
 その時にどうすればいいか・・・」




ネットを通じて

お問い合わせが日々入りますが、

4月に限っていえば、

なかなか成果に結びつきません。



それでも、

基本の動きをきちんとし続けていくことが

大切なのは、いうまでもありませんね。。



がんばります。



2010年04月02日

前社長(Sの父であり、現社長の夫)のことを知っている人と、本日も出会いがありました。

本日も、

いろんなことがありました。

ありがとうございます。



仕事上、

父のことを覚えている方と

偶然お会いすることがございます。


「ひょっとすると、娘さんですか?」


「あ、なんだか面影ありますね。」


「不動産の免許や資格を取って、がんばってるんやね。」


「お父さんには、大変お世話になったんやって。」


「急なことやったね。」


Sを通じてでもなんでも、

父のことをことばに出していただける、

思い出していただける、

そんな

出会いがあることが、

うれしくて仕方がありません。




父のようには、なれないかもしれません。

期待されても、正直困ります。


今、できることを、

とにかく精一杯やり続けるのみです。


そして、

2010年4月は、

とにかく自分自身が動く、ことを意識において、

体を動かしていきます!!


父の残してくれた財産を

大切に守り続けていきたいです。(願望でなく、目標です。)



2010年03月18日

素直に考えたら、大切なのは”人から考えること”でした。

北電がお届けする快適ライフ応援マガジン

えるふぷらざ 2010SPRINGの

ほくりく人インタビューに


(株)バルス代表取締役社長 高島郁夫さんが


出ていました。

福井県鯖江市出身の方なんですよね。



以下、小見出しを抜粋です。


 ・「Francflanc」が成功したのは、
  小売の素人だったからです。

 ・マンションなどの建物は、
  インテリアから先に考えるべき。

 ・今、世の中に伝えたいのは、
  「ステキなことがやれるんだ」ということ。

 ・福井県民はもっと、自分に自信を持って
  アピールしていくべきだと思います。



フジモト不動産を運営していく上において、

「人から考えること」

ぜひ、参考にしたいと思います。

※今回、見開き1ページをスキャンし、A4印刷し、
しばらくSの白い手帳と一緒に持ち歩こうと思います。




打ち込まずして成功はおぼつかない

打ち込まずして

成功はおぼつかない



松下幸之助さんの今日の「革新」より抜粋しました。
以下は、説明です。



いい加減にやっていたのでは、

どんなに時間をかけても成果はあがらない。


成果を得ようと思うなら、

全身全霊を傾け、

徹底的に打ち込むことである。


本気になって、

一つひとつなすべきことをなしていけば、

必ず実りのときがくる。




「必ず実りのときがくる」

フジモトでは、反復復唱していきます。





2010年03月16日

素直に 謙虚に

フジモトの毎朝の日課のおはなしです。



フジモトの頼れるYさんよりいただいた

松下幸之助さんの「革新」より

本日16日のことばを以下に抜粋しました。




「素直に 謙虚に」


物事は自分自身の信念にもとづいて考えなければならない。

だが、それにとらわれてもいけない。


常に素直に、謙虚に、人の意見に耳を傾ける。


確固とした信念とともに、

そうした姿勢をもっていれば、事はたいていうまくいく。




社長Yいわく 「このことばが、一番だいじ」

Sも同感です。


素直に、謙虚に、かみしめながら、

今日を過ごしたいと思います。




2010年03月09日

「人が集まるところをつくる」とのことばは、フジモトの信念に近いようなことばです。

こんにちは。
鯖江インター近くの不動産会社、フジモト不動産です。


今朝、NHK朝の連続テレビ小説『ウエルかめ』を

見てから、出社です。



主人公の女の子の友人 カホ。


「人が集まるところをつくるって、すごい」


と、

主人公の父親の経営するサーフショップに

併設して、カフェをオープンしたことで、

にぎわいを見せていることで、発言したことばです。



フジモト不動産は、不動産会社です。


日頃より、

なにか、したい。自分のお店を持ちたい。

これを機に、アパート暮らしを始めたい。


など、

人がなにか活動し始める動きを見ることのできる、

ステキな仕事環境にあります。



どこかのセミナーで聞いたことがあります。

たしか、こんなことばでした。


「不動産の価値は、

 その土地にどれだけの人が足を運ぶか、で決まる」



継続して、お客様に愛されるお店こそ、

お店の価値、サービスの価値、そして、不動産の価値にまで

及ぶ世の中となっているようです。



フジモト不動産では、

自社もそうですが、

鯖江市の元気で頑張っている会社さんやお店を

研究したいと思います。



アイディアのぶつかり合い、

人と人とのマッチング、

企業と人とのマッチング、

いろいろ夢はひろがります。





2010年03月08日

「余裕」と「自信」を持ち得るということは、非常に大切なのです。

今日も、Sの弱点が表に出てきました。


段取り通り、

Sの思うように行かない!!



こんなとき、どうしても、

落ち着きがなくなります。 

どうやら、切替がへたくそなのです。



社長のYとの話や、

Yさんの話の中で、


「余裕」と「自信」を持つように。との話になりました。


余裕をもつためには。

・仕事のすすめかた

・ムダがまだまだある


自信をもつためには。

・勉強しなさい


そうなんです。

大きな夢と目標をもって、

もりもりがんばります。がんばるしかありません。



お客様のために、がんばります。がんばらせてください。




2010年03月03日

松下幸之助革新「白紙で考える」を今朝読み上げました。

今朝もおなじみの、

松下幸之助さんの革新より、

今日のことばを

社長のYと一緒に読み上げました。
(以下抜粋)


白紙で考える


経験は貴重な財産。
だが、「以前できなかった」
「こうしたらうまくいった」という経験が、
自由な発想を妨げることも少なくない。

常識や前例を大事にしつつも、
これにとらわれず白紙で考えてみよう。

そこから革新的な工夫や発明がもたらされる。


4月3日、5月3日。。。
2010年の毎月3日の朝に
読み上げることになることばです。





2010年03月01日

八田労務月報2010年3月号の「経営」欄より、企業の永続策のカギは、大胆な事業チェンジである、と書かれておりました。

フジモトに毎月届く冊子に、

八田労務月報があります。


経営の欄を読みました。

(抜粋)
過去の成長への未練を断ち切り、

技術の革新、

新市場の開拓などで

事業モデルを思いきってチェンジすることが大事になってきた。


「会社の寿命30年」説


フジモト不動産も、例に漏れず、ですね。

経営者の役割、肝に銘じたいと思います。
社長のYと一緒に
取り組んでまいりたいと思います。

そして、情報発信だけは、欠かさず取り組みます。



2010年02月27日

フジモト不動産に、「松下幸之助革新2010日々のことば」が届きました。

Sが帰社したところ、

社長Yより、見せてもらいました。



いつもお世話になっている、

Yさんからのプレゼントのようです。

ありがとうございます。



日めくりになっていて、

全部で「31のことば」が書いてあります。

しかも、ありがたいことに、解説付きです。



ちなみに、今日は27日です。(以下抜粋です)


生き方次第で
天命の輝きが決まる


”人事を尽くして天命を待つ”というが、
人事の尽くし方いかんで、
あとの天命の輝きが決まる。

人生には自分の意志ではどうにもならないこともある。

だがそれを知ったうえで、
精いっぱいの人事を尽くすのだという信念をもって、
なすべきことをなしていきたい。


****************
松下幸之助の革新に対する考え方

革新とは、基本の理念を

大切にしつつ、

それを刻々変化する時代に即して

生かしていくこと
****************



これから、毎朝の日課のひとつに、

”革新”を読み上げていこうと社長Yと決めました。




2010年02月15日

フジモトの毎朝の日課は、メルマガ「夢を実現する今日の一言」を読み上げることから一日が始まります。

ひょんなことから

フジモト不動産は、


「夢を実現する今日の一言」


のメルマガ読者になりました。


たとえば、今日の朝の一言(メルマガより抜粋します)



自分を未熟と思えば、

まわりの人は、みな先生




といった具合です。

へぇ。ほぉ。と毎朝、感心。そして、白い手帳にメモ。


結構、おもしろいもんです。

そして、

毎朝決まった時刻に届くのですが、

たまに、遅れたりします。

日曜とかは、届きませんし。



それでも、

 毎日違うことばが届くって、すごいことですね。




2010年02月05日

「家族総力戦」でがんばりましょう。

勉強仲間のよしyさんからの、アドバイスです。


今のフジモトの会社経営に

”絶対必要”な心もちです。



想いを共有して、

スタッフみんなの力を合わせて、

がんばりぬくしか、ないのです。



 家族総力戦。


いいことばをいただきました。

ありがとうございます。




2010年02月03日

自社ブランド開発と多角化を図る。

2010年2月2日付の福井新聞
イチ押し戦略ふくい企業の挑戦というコーナーに、
福井市の大日メタックスさんが紹介されていました。


・ビル用アルミサッシの製造販売(中心的事業)

・設計、製造、施工を一手に担う


(建設業界の好不況に左右されないため)

・多角化

・部品事業
・アルミの押出形材販売、形材加工
・アルミ製品事業

・強み・・工作機械を使った独自の加工システム
   ・・低コストで形材を調達できる

・メーカーと共同開発

・OEM(相手先ブランドによる生産)⇒自社ブランド商品の開発
・・社内に女性社員を中心としたプロジェクトチーム


・アルクリエ ・・・”アルミでクリエイトする”という意味のブランド名で販売をスタート(ペット用品を中心に制作)


強みを伸ばし、
誰にもまねできない部分を確立
している姿を感じました。


 フジモトも、考えなくてはならない大事なことです。




2010年01月21日

ちょっと読んでみようと思います。

週刊ダイヤモンドを愛読している、
フジモト不動産スタッフです。


あるとき
社長Yが

「この本、おもしろそう!!読んでみたい」

と、行っていた本が
本日、フジモトのお店に到着しました。



もし高校野球の女子マネージャーが
ドラッカーの『マネジメント』を読んだら
岩崎夏海著


新人マネージャーと
野球部の仲間たちが
ドラッカーを読んで
甲子園を目指す青春小説!




会社経営のヒントがたくさん詰まっていそうです!



2010年01月03日

原点回帰

原点回帰

昨年のビジネススクールの参加でも、見聞きしたことばです。
そして、
身近な勉強仲間の方のことばでもあります。


企業経営に置き換えると、
経営理念や、活動指針等にもつながることばです。


話の中で、
フジモトが目標にしている会社であることを伝えたところ、
「行動を起こすとき、ぶれないよう、この赤い文字を見直します。」
とのことば。(ちょっとニュアンスが違うかもしれませんが。)

そういって、勉強会資料というA4の紙を1枚くださいました。

学び取ったことを、
再度自分なりにまとめ直す。


この作業は、重要です。実践している人を間近でみると、
刺激的ですね。

毎日、見て、復唱して、
Sの血となり肉となるまで、しみこませようと思います。




いよいよ龍馬伝が始まりました。楽しみな番組のひとつです。



2010年01月01日

成長戦略の維持

毎月、
フジモトの手元に、八田労務月報が届きます。

経営、労務、労基法、労働保険、社会保険等々の読み物です。


1月号の「経営」の欄のタイトルが印象的でした。

<成長戦略の維持>縮み志向から脱却しよう

日本という国の国家戦略、
会社単位での企業戦略。


企業の縮み志向とは?
・ボーナス支給見送り
・OBへの年金減額
・リストラ

フジモトも、
家族ぐるみ経営ではありますが、
現状に甘えることなく、
世の中の動きをきちんと見ながら、
動く、判断実行ですね。

縮み志向から抜け出し、成長路線へ向かう、ということは、
フジモトにおいては、
社内コスト削減を実行しつつも、
会社が成長できる分野を探りながら、
チャレンジしていかないといけませんね。

プロとしての自覚をもち、
勉強し続けることが大切です。


2009年に取り組んできた種まきが
少しずつ実を結び、花開くといいのですが。
じっくり、いきましょうか。



2009年11月29日

事業承継のこと。

私たちフジモト不動産は、
2007年6月より、
現在の新体制となりました。

前社長T(Sの父)が亡くなって、
来月12月3日で、
丸2年半経過することになります。


「あんた(S)に頼んどくで。まかせたで。」

今日の午前中、
オーナー様と、現場打合せがありました。

「前の社長んときは、みんなついていくかもしらんけど、
 今のあんたんとこ、だれもついていかんざ。」


手厳しいことばをちょうだいしました。
それでも、
お話をしていくうちに、
Sに、まかせていただく運びとなりました。
おまかせいただき、ありがとうございます。

ところで、
フジモト不動産には、
毎月”八田労務月報”が手元に届きます。
2009年12月号に、
「中小企業の事業承継」準備急ぎ、手遅れ避けよう との記事が。

事業を継がせる後継者が見つからない最大の理由
・・多くの社長の子息が親の会社と違う会社に就職するなどしていて、
親の会社を引き継ごうとしないこと、だそうです。

今日お話したオーナー様も、
オーナー業を引き継ぐ時期を模索しておられます。
”(息子は)あんたみたいに、強くないで”
(Sは、決して強くありません・・)

それぞれ、
みなさん、悩んでいらっしゃいます。

私たちフジモト不動産では、
自社の事業承継のこともそうですが、
お客様のことにも相談に乗れるよう、
しっかり対応してまいります。


2009年11月28日

12月は、毎年恒例の講習会に参加します。

前社長Tのときからの、良き習慣exclamation×2

石川県不動産会館で行われる、
不動産コンサルティング専門教育講習会への参加
です。

今年は、
12月8日(火曜)午前10時から午後5時ごろまで。
誠に勝手ながら、
フジモト不動産は、当日臨時休業とさせていただきます。
よろしくお願いします。


3年前までは
前社長Tと社長Yが
夫婦みずいらずで、講習に参加。


余談ですが、
そういえば思い出しました。

12月14日に大雪が降った年があり、
Sが一人で会社で留守番していたことがありました。
前日の13日から、降りづくめだったので、
会社としては、緊急事態。
賃貸管理をしている関係で、
アパートマンションの敷地内の除雪の対応をしないといけません。

”S、頼むざ。除雪体制のことは、土建やさんに頼んでおいたで”
前社長(兼Sの父)Tからのことばでした。

その日は、朝、数十センチ。(記憶あいまい)
水分たっぷりの重たい雪。

自宅を出るまでに一苦労し、
会社に着いたら、除雪車がおいていった硬い雪で
会社内の駐車場に入れず、
路上駐車しながら、除雪しながら、
車の往来時に車を動かしながら、、、の連続。

汗だくで、除雪作業中も、
転送電話が鳴り止まない。
内容は、”除雪してほしい””いつ、除雪車来るの?”
と、入居者様からのお電話。

来客のことを考えて、
敷地内駐車場を除雪しつつ、
電話の対応をしつつ、
といった具合。

あのときは、忘れられません。。。


本題。
今年の講習内容も、おもしろそうです。
「土地有効活用実践コース」
講師さんは、
社長のYが好きな、ダンコンサルティング(株)の塩見さんです。
有料の講習会です。

Sが一緒に参加するようになって、今年で3回目。

Sは、まだ、資格未取得ですが、
参加させていただいています。(ありがとうございます)


今回の実践コースの概要
1.社会変化に伴う不動産の考え方
2.新時代が求める不動産価値
3.土地有効活用のための4要因分析
4.現地調査のケーススタディ
5.不動産有効活用のパターン図と分類法
6.21世紀型キーワードと活用企画のケーススタディ



2009年11月07日

チームづくりが、大切。

差し入れお菓子


今日は、
午後1時半から6時過ぎまで、
福井県立大学の短期ビジネススクールに参加してきました。

前回に引続き、
参加メンバーを複数チームにわけ、
課題に取り組みました。

2時間あまりの討議時間の中、
同じチームの方が、
”これ、どうぞ”
と、差し入れする姿。 とても印象的なシーンでした。(写真)

気配り。思いやり。
自然に行える人を間近でみると、気持ちがいいですねexclamation

さてさて、チームづくりのことです。
初めて顔を合わす、さまざまな人たち。
偶然、集まった、メンバー。
経験も参加動機も、性格も、それぞれ。

Sにとって、
今後のフジモト不動産の運営を考える上で
かなり貴重な経験をさせていただきました。

リーダー
サブリーダー
伝令
記録(議事録・発表資料まとめ)
タイムキーパー
発表者(プレゼンテーター)

役割分担。
さまざまな意見をとりまとめたり、
話の筋をずれないよう、コントロールしたり、
いろんな場面がイメージで出てきます。

自分の思っていることを、相手方、複数の人に伝えることの難しさ。かなり、痛感しました。。。

鯖江インター近くの不動産会社 フジモト不動産